Service

03

Vehicle Software Testing
車載系ソフトウェア評価

進化し続ける車載システム
その進化に求められるテスト品質

これまでの経験と実績によりカーナビゲーションやディスプレイオーディオ、コネクテッドカーのテレマティクス機能や、自動運転などのソフトウェア分野など様々な車載ソフトウェア評価が可能です。
また、システム開発支援、検証効率化ソリューションも行っています。

ニアショアを有効的に活用し、
車載系ソフトウェア評価に幅広く対応

車の開発はソフトウェアの比率が大きくなっており、また昨今のメータやナビなどのダッシュボード系の機能連携、
自動運転や機能安全システム、コネクテッドカーのIoTや通信機能などの新機能により、ソフトウェア開発コスト規模が大きく増加しています。
そのため開発者も圧倒的に不足してきておりソフトウェア評価まで手が回らない状況になっています。
プラスナレッジでは車載系の様々なソフトウェアの評価経験が豊富にあり、
評価技術者の確保やコスト低減にニアショアでの評価において貢献いたします。

車載システム評価サービス

車載系システムでは、カーナビゲーションやディスプレイオーディオ、コネクテッドカーのテレマティクス機能や、
自動運転などソフトウェア分野が大きく発展しています。プラスナレッジでは様々な車載系システムの経験より評価をご支援します。

カーナビやディスプレイオーディオの
システムテスト
10~30名規模にて継続的に沖縄でテストを実施中。国内仕向、海外仕向含めて様々な機能の評価実績あり。
テレマティクスのシステムテスト
車載器とサーバを接続し、複雑な条件設定を行いながらの評価実績があります。CANおよび外部の通信の連携テストやログ取得も可能です。
Bluetooth/WifiのIOP試験
車載器と国内/海外スマートフォンとのBluetooth/WifiのIOP試験を実施します。不具合時はエアログを取得します。
測定器を使った試験
GPSシミュレータ等の測定器を使った評価を実施。測定器は評価期間レンタルします。
ECU系の単体テスト
車載制御系のECUについてWinAMSを使った単体テスト(C0/C1/MCDC)を実施します。
ECU系の結合テスト
車載制御系のECUがSimulinkで開発されている場合には、Simulinkモデル図を読み取って結合テストの項目を作成してテストを行います。
フィールドテスト支援
実車を走行させてテストをする場合のテスト実施を行います。海外での実績もあり。
カーナビの脆弱性評価
カーナビへの侵入経路であるBluetoothやWifiへのファジングテスト等の脆弱性評価を実施します。
アノテーションタグ付け
自動運転システムでのAI向けの教師データ用に、走行画像についてアノテーションやタグ付けを実施します。
車載の網羅的単体テスト
自動車業界や医療においては網羅的単体テストが要求されます。C0、C1等の基本の網羅率から、MC/DC網羅率まで厳しい単体テストが要求されることがあります。その場合、多くの工数が要求され、ときとしてはソースコードと同量の単体テストケースを書かなければならないこともまれではありません。
その多量の単体テストケースを社内で行うのは時間的制約や、コストの制約があり難しくはありませんか?その場合はまず弊社にご相談ください。単体テストのエキスパートが、目標の網羅率を達成する単体テストのテストケースを作成します。また弊社のコンサルティングがどの程度まで単体テストをやればよいかご相談を受けます。
豊富な単体テストの経験からお客様に最適な単体テストソリューションを提供します。
車載系ソフトウェアのシステムテスト
カーナビからヘッドアップディスプレイまで、車載のシステムテストの品質領域は大きくその品質要求もAndroidアプリのように多少のハングアップが許容されるものや、スピードメータのように絶対ハングアップが許されないものがあります。
そのような多種多様の車載ソフトウェアを適正品質で出荷するためのお手伝いを提供します。